第80回
 消化器病学会甲信越支部
市民公開講座

この度,2021年10月17日に第80回消化器病学会甲信越支部市民公開講座を開催させていただくことになりました。
新型コロナウイルス感染症がまだ鎮静できていない状況ですので,感染症対策を十分に行いながら開催を検討していきたいと思いますが,たくさんの方に安全に何度でも聴いていただけるように一定期間インターネット上でも視聴できるようにしました。
「健診で見つかるおなかのがんについて」をメインテーマとして,胃や大腸といった消化管のがん,膵臓のがん,肝臓のがんについて3人の専門の先生方に講演していただこうと思っています。
皆様のお手元にある健診結果で,萎縮性胃炎・便潜血陽性,膵のう胞・CA19-9,脂肪肝・血小板といった消化器分野のがんに関係する検査項目を指摘された方,また健診以外でもご本人やご家族で指摘をされている方,またどなたでもご興味がある方はぜひお申し込みして頂きご視聴下さい。
不慣れであり,ご連絡等でご迷惑をおかけすることもあると思いますが宜しくお願い致します。 

世話人 JCHO山梨病院 消化器内科 進藤 邦明

Web講演(アーカイブ)

メインテーマ 検診で見つかるおなかのがんについて

総括・座長 佐藤 公先生 (JCHO山梨病院 院長補佐) 



 
 
第1部
「消化官のがんについて」

key word - 萎縮性胃炎 便潜血

講師 末木 良太先生(JCHO山梨病院 消化器内科)

 
 


 
 

第2部
「膵臓のがんについて」 

key word - 膵のう胞 CA19-9

講師 出雲 渉先生(JCHO山梨病院 消化器外科) 

 
 


 
 

第3部
「肝臓のがんについて」 

key word - 脂肪肝 血小板

講師 浅川 真巳先生(国立病院機構甲府病院外科)